Hello!! I am Macintosh

Macな人




MacなBlog

iMac 2019 ! 購入する前の参考?になれば…

更新日:

Macな人、本当は去年Macを買い換える予定でした!
予算的にiMacの予定で、去年ず〜と待ちましたが結局出ず、ようやく先日発売されました!
待ちきれずに去年暮れに出たMac miniも考えましたが、結果、iMac2019まで待ってて正解でした。(Macな人のパソコンを買い換えるサイクルだっただけですが…汗!)

Macな人は ”はじめまして” で書きましたがAppleのだすパソコン信者です。今回購入にあたり色々参考になるブログなど調べましたが、あっち見て!こっち見て!な感じでまとまった情報がなく、このブログにまとめて見ましたので、参考になればと思います。

まず、Macな人が必要とするスペックは正直、最強スペック!!が理想…笑
が、皆さんもご存知の通り高すぎです!ヒカキン(子供が好きで一緒に見てるから知ってる…汗)のようにiMac Proをフルオプションにしたいですがそれは無理!
Macな人がパソコンのパワーを必要とする時は、DTM(パソコンで音楽制作をする事…)作業をする時です!
今メインで使っているDAW(Digital Audio Workstation)ソフトはLogic Pro X !Digital Perfomerを使っていた時期もあるのですが、ここ数年Logic Pro Xに落ち着いています。

これが Logic Pro X

でこれに
Native Instruments の Komplete (色々入っている音源…笑)やら
XLN の Addictive Drums (ドラム音源)
KORG の Gadget や Legacy (Macな人が大好きなアナログシンセがいっぱい!…笑)
Arturia (もろアナログシンセいっぱいの音源!)
VOCALOID (初音ミクですね…これは…)etc…
エフェクトでWavesもちょっと…(おい!完全にマニアックな感じになって来た!…普通の人は知らないよ!!)
Macな人はある程度なスペックを必要としてるって事です…汗

で、時たまグラフィックや動画の編集もします。
要するに、すこーーしマニアックな終着点になる事になります。



今回発表されたiMacがこんな感じ↓

21.5インチ iMac
27インチ iMac

で、下記は2017年モデルのiMac 27インチ!

前モデル2017年iMac27インチ

今回、CPUが非常に良くなり、予想でも前モデルよりも高価になると予想していましたが、松竹梅、全て据え置き価格!
このように書くと安いように思いますがWinPCと比べると決して安くはない…。って比べる?別の話になるので違う機会に…。
で、色々なブログにもありますが、自分が何をするために購入するかで松竹梅が決まります。インターネット観覧、ブログの更新、エクセルで表計算、グラフィック、はたまたMacな人みたいにDTM…
これからMacをはじめる方、インターネットやメールやブログ、んー?エクセル?ぐらいまでの用途の方は、21.5インチ、27インチiMacの松竹梅、どれでも大丈夫です!Macな人的には21.5インチの梅はおすすめしませんが…やはりRetinaディスプレイは良いです!ちょっと頑張って21.5インチのRetinaディスプレイをおすすめします!

で、ここからが本題!?…笑 Macな人が何を悩んだか!?なんでもある程度やれて長く使えるマシーンがほしい!(…汗!)
こんな人向けの参考になれば…と思います…?…笑
Macな人、7年前に購入したMacをまだ使用しています。Macintosh時代のように、今はCPUが新しく出るたびに格段と進化する時代ではないと思います。なので今もまだ7年前のMacが使えています。7年前の当たりはストレージ!SSDにした事で今も使えていると思います。長く使いたいと言う意味とDTMでの使用を考えてMacな人の選択は!
3.6GHz 8コアIntel Core i9(Turbo Boost使用時最大5.0GHz)
!!!

ここのベンチマークが出るまで購入を待っていたMacな人でした…

iMac Proの60万越えの標準モデルよりも上に行きました!
もちろん、これはCPUだけの話で、ロジックボードやら全体的なパフォーマンスとイコールではないですがすごい!Appleお得意の抜きつ抜かれつ現象です!(おーと信者っぽい意見…笑)MacBookProとiMac、今はiMacとiMacPro…まーすぐにiMacProのアップデートが来るんでしょうが…
Macな人は最低5年以上使うつもりでこのCPUを選択しました。
DAWソフトを使用する際、他に色々なソフトを同時に使用します。コア数が多ければ多いほど良いのは当たり前で、iMacでの8コアは嬉しい限りです。

このCPUは27インチモデルのみで¥44,000…良しとしよう!!

Macな人のiMac…
8コアCPUは27インチモデルのみのため27インチ…もともと27インチを購入予定でした…(Macな人、ディスプレイは大きいに越した事は無いと思っている人…ってか老眼が結構きてるため…汗!!)
27インチで8コアCPU(Intel最新の第9世代ってのも嬉しい…)
で、メモリ!
iMac27インチは後から自分で増やせるためAppleの高いメモリを初期に選択しないでOK!
Macな人はApple以外で32GBを購入予定。32GBを¥30,000ほどで購入できます。Appleだと32GBに変更で¥66,000!自分で増やせばiMac標準の8GBプラス32GBの合計40GBメモリで¥30,000!(約です…結構価格が変動します)



でここからMacな人が悩んだグラフィックチップ(GPU)(Graphics Processing Unit グラフィックス プロセッシング ユニット…??グラフィック関係で頑張る脳って事です…)とストレージ!(マニアックなんじゃなーい…この先?…読む人減るよーー…笑)
GPUから…
まず前モデルのiMac27インチのGPUは
Radeon Pro 580
2019モデルのiMac27インチのGPUは
Radeon Pro 580X
SとかXとかiPhoneじゃないんだから…
で調べました…

Radeon Pro 580の仕様!
Radeon Pro 580Xの仕様!!!

おーーい!!2年も前のGPUと同じもの!!(Macな人、チョー詳しい人でもないのでちょっとは良いものになっているのかもしれませんがスペックは同じと診断されました…笑)、Macな人はガッカリです!
580シリーズでPro 580の上のランクにRX 580という10%ほどスペックが上がっているものがあります!2年もたっているんだからこっちだろーー!って思ったのはMacな人だけでしょうか…

Radeon RX 580 はPro580より12%良い感じ…

まーAppleのロジックボードに乗せられる乗せられないなど色々あるんでしょうがMacな人的には2年前のスペックと同じってのがどうも納得出来ない仕様です…
で、多分そんな人のためにオプションで!

Radeon Pro Vega 48が選択できます!

Radeon Pro Vega 48 ?
¥49,500 !?
高いです!そして調べます!この¥49,500のオプションを!!(楽しくなってきた!…Macな人だけだよー!みんなもう読んでないと思う…汗!)

GTX970とPro580Xが同等なのでProVega48は15%ほどパフォーマンスが良いようです

¥49,500で15%のパフォーマンスUP?GPUのみの結果でロジックボードやら周りの仕様で色々変わるとは思いますがAppleのホームページだともう少し良いように記載されていますが…

Appleホームページのパフォーマンス

どのソフトも30%から40%の性能が向上していますが8コアのCPUも依存しているので、やはりGPUだけでみた場合は約15%ほどのupのような気がします…
iMac、iMacProのGPUパフォーマンスは…
  Pro580X(iMac27インチ、松、標準)
< ProVega48(iMacオプション、Pro580Xから約15%up)
< iMacPro標準のProVega56(ProVega48から約12%up)
< ProVega64(ProVega56から約12%up)
< ProVega64X(ProVega64から約6%up)
になるようです。
ちなみに!!アクセサリで販売しているBlackmagic eGPU Proは…

これ Blackmagic eGPU Pro です。

このBlackmagic eGPU Pro はRX Vega56を内蔵しています。
iMacProの標準のProVega56とは別物です!!

ProVega64よりもRXVega56の方が上いってます!

580シリーズもVegaシリーズもProよりRXがついた方が性能は向上しています。まー発売もProよりRXの方が後のようなのでRXは性能UP版の位置づけなんでしょう。
話がそれはじめたので戻します!Macな人、動画編集やグラフィックは大好きですがPro580で十分!!(おい!あっさり!今までの調べ物は?)
良いんです!十分楽しみました!Macな人、購入前のこの作業がたまらなく好きなのです!前モデルと同じ仕様ってのはやはり気に入りませんが “X” がついてるから良いって事にしましょうー!(おい!!)
真面目な話、調べてわかりましたが(もちろん少しは知っていましたが…汗)Blackmagic eGPU Proのように今はThunderbolt 3 経由で外付けのGPUが利用できます!その中にはNVIDIAのGeForceがMacで使用出来る物もあります。NVIDIAのGPUはAMDと比べるとかなり上をいっているGPUを発売しています。なぜAppleはNVIDIAにしないのか、大人な理由なのでしょうか…?笑。
今年発売予定のMacProはGPUもユーザーが好きにカスタマイズ出来るだの?出来ないだの?NVIDIAに出来たり?MacProの発表が楽しみです…。という事で、GPUは必要になるようだったらVegaより良いものを後からタス!って事で!
真面目な理由としては、十分Pro580Xでも大丈夫!CPUとは違い後からでもカスタマイズが可能!しかも良い物に!という事でMacな人は標準のままでを選択!



最後にストレージ!ここまで読んで頂いている方はいるのでしょうか?…汗!
でもやはり購入前は気になる部分は調べて楽しむのがApple好きなMacな人です。
でストレージは…
今使用しているiMac本体はSSDですが、DTMで使用するほとんどが外付けHD!なので例えば高音質なピアノをDAWでソフトを立ち上げてすぐに弾く事は出来ません!20〜30秒待ってから弾く事になります。SSDに全部入れておく場合、かなり読み込みは早くなります。色々な音源を販売している会社も最近はSSD推奨!というのが増えてきました。後2年もすればSSDの価格はハードディスクに追いつくとか…?でハードディスクはなくなっていくとか…? “平成” 生まれの人が「MDって何ー?」(カッセットテープの方が例えはよかったかな…?笑)とか “令和” 生まれの人が「ハードディスクって何ー?」って時代がすぐそこまで来ている気がします!(って “令和” を使いたかっただけ?…そうです!今日発表だったもので!)
容量でFusion Driveも考えましたが、 “令和” 生まれの人に「ハードディスクって何ー?」って言われそうなのでMacな人はSSDにします!

27インチiMac松のオプション!

これ¥11,000なら絶対512GBのSSDをおすすめします!
FusionDriveをMacな人は使ったことがないのですが、何度ハードディスクで痛い目にあったかわかりません!スカジーで…?ん?ん?!ほら!!
今読んでいる方でスカジーってわかります??
“令和” 生まれの人が「ハードディスクって何ー?」は、あり得ます!!
ってかスカジーってこれの事! “SCSI” 今はUSBだThunderboltだでモニターやらハードディスクやら何でも接続出来るようになったけど、昔MacはADB(AppleDesktopBus、USBの原型!)でキーボードやマウスを繋いで、SCSIでハードディスクを拡張してみたいな時代だったー!でSCSI接続のハードディスクはしょっちゅう壊れた!で痛い目をみたって話…
Macな人のストレージ!
GPUで我慢?したのと本体SSDに音楽ソフトを直入れしてみてどれだけ快適か試してみたいと言う事で…頑張って1TB SSDを選択!!!
ストレージは後から乗せ変える事が出来ないため自分にあった物を慎重に選ぶ事をおすすめします…。

Macな人のiMac完成!

ね!少しマニアックな感じになった?かな?5年は使います!
でもiMacProの標準使用が60超えで、このiMacは38ちょい…
高いけどお得な感じがするのはMacな人だけ?…でしょうか?…。

こんな感じでMacな人をはじめようと思います。
1記事目だったのと新元号の発表と(関係ないですが…笑)重なって、頑張ってみました。Macの歴史も書きたいのでこれからよろしくお願い致します!
ここまで読んで頂いてありがとうごさいます。

Macな人…。




-MacなBlog

Copyright© Macな人 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.